gitで管理しているデータをFTPでデプロイする方法


VPSでもなくSSHも使えないレンタルサーバーを利用していて、
データの更新作業を行う場合、差分を確認しながらFTPでアップロードしてましたが、
自動でデプロイする仕組みに慣れてしまうと結構苦痛になってきます。

しかも、手作業のためミスにも十分気をつけないといけません。

なにかないかなぁと探して見つけたのが
git-ftp
gitで管理されているプロジェクトをFTP経由でデプロイしてくれるツールです。

インストール、使い方ともに簡単ですが、自分のために覚書。
ちなみに自分の環境がMacOSXなのでOSが違う場合は注意です。
(こちらのINSTALLやREADMEに各OSでの設定方法も書かれています)

インストール

macportsにもhomebrewにもあるみたいです。
僕はmacportsを使っているのでそっちで

# sudo port install grep
# sudo port install git-core
# sudo port install curl +sftp_scp
# sudo port install git-ftp

使い方

基本的には操作するディレクトリに移動したあと、初期化、デプロイだけ

初期化
git ftp init -u ユーザー名 -p パスワード ftp://アドレス
デプロイ
git ftp push -u ユーザー名 -p パスワード ftp://アドレス

これだけです。

FTPしかアップロード手段がなくて、
今まで手作業で更新してた人は試してみてください。